きものの雑学

伊達の薄着

伊達の薄着

仙台藩の人々が藩祖の伊達政宗にならって派手な振る舞いや格好をしたことが語源となっている「伊達」。そこから「伊達の薄着」とは、厚着をして見栄えが悪くなることを嫌がり、見栄えが良くなるように、見栄を張って、寒くても我慢して薄着でいることを意味します。
一方で、きもので使用する伊達衿や伊達締めとは、見えないところの美しさを引き立て、隠れたところで力を発揮してくれるものです。伊達衿は着物との色を組み合わせやおしゃれさ、華やかさを楽しめて、伊達締めは、着姿がすっきりして着くずれしにくくしてくれます。